春好万流

 平助筆復古堂

  • 所在地:福岡市中央区春吉3-3-9
  • TEL:092-761-5122
  • 営業時間:10:00〜18:00
  • 休み:日曜・祝日(第1・3日曜は営業)
  • 駐車場:10台
  • カード:可

500年以上の歴史を誇る老舗で書道の醍醐味を知る

 1501年(文亀元年)から500年以上にわたって続く歴史の古い文房具店。博多が全国に誇る“筑紫筆”の製筆で親しまれ、古くは豊臣秀吉や福岡藩主、また皇室にも献上したという。“平助筆”の商標を持つ独自の筑紫筆はすべて職人の手作りで、筆の先を丁寧にすいてあるのが特徴。墨を含ませるとちょうど良い大きさになり、筆文字が書きやすくなると評判が高い。

11代目の河原田さんに話をうかがった。「現代における筆は、学校用やお稽古事の利用がほとんど。もっと多くの方々に手にとってもらえるようになればうれしいですね」。「平助筆復古堂」では、気軽に筆に親しんでもらえるようにと、毎日、書道教室を開催。全国的に名を馳せる書道家などを迎え、筆文字や水墨画などの授業を行っている。また、赤ちゃんの胎毛を使ってオリジナルの筆を作る珍しいサービスも実施。お子様やお孫様の誕生記念に喜ばれている。「古き良き伝統を受け継ぎながらも、時代に合ったサービスをめざしていきたい」と話す河原田さん。あなたも平助筆復古堂を一度訪れて、書道への造詣を深めてみては?

 (取材:笠文子【彩】 写真:比田勝大直)



11代目の河原田さん。店内には有名書道家の作品なども

左からつくし野(1260円)、蘭草(2625円)、春暁(5250円)

そろえる筆は800種類以上。50cmほどの大筆もある
 

Copyright HARUYOSHI all rights reserved