春好万流
張源洋行(ちょうげんようこう)
  • 所在地:福岡市中央区春吉3-13-7
  • TEL :092-781-5522
  • 営業時間:9:00〜17:00(日曜〜16:30)
  • 休み:第3日曜

博多のラーメンブームを陰で支える麺製造所
実力店との最強タッグでヒット商品を生み出す!

博多のラーメン文化を陰で支えてきた創業1948(昭和23年)の老舗製麺所「張源洋行」。その長い歴史の原点は、明治時代から現在も店を構える中華料理店「福新楼」にある。中華麺の製麺所がほとんどなかった明治から昭和初期にかけて、福新楼は店で使う麺を自分たちで作っていた。その自家製麺が評判を呼び「ウチにもゆずってほしい」という他店からの声が続出。戦後まもなく福新楼から製麺所として独立開業したのが「張源洋行」である。  その後、初代から息子、孫へと継承。いまでは、ラーメン店や中華料理店、ホテルなど県内外のさまざまな麺を手掛けるようになった。

「ラーメンやちゃんぽん、焼きそばなど太さ、形状もさまざまな約20種の麺を作ってます。その日の天候や湿度で粉とかん水の配合が変わるほど麺作りはデリケート。粉20kgに対して湯呑み1杯のかん水の差でも全然違う仕上がりになりますから・・・ウチでは、さまざまな粉、かん水を用意し、最高の状態で各店に配達してます」と語るのは、常務の張光正さん。 トンコツ主流だった福岡のラーメンも味噌や醤油、塩とそのジャンルは多彩に。変化する要望に応え続ける張源洋行のこだわりの麺がこれからもラーメンブームを牽引するに違いない。



常務(右端)と元気な工場スタッフのみなさん
麺作りは早朝3、4時から始まるそうです

圧延機。ロール状の生地が長い機械を通り、
設定された切り刃の太さで出てくる